アフィリエイトSOGO.COM > 体験レポート&レビュー > セシールのオーダーメード革靴(メンズ)体験レポート&レビュー

セシールのオーダーメード革靴(メンズ)体験レポート&レビュー

商品レポート&レビュー / アフィリエイト展開 / 関連リンク


セシールのオーダーメード革靴(メンズ)の体験レポート&レビュー セシールのオーダーメード革靴(メンズ)を体験!!

2008年2月15日(金)の午後、当サイト「アフィリエイトSOGO.COM」編集長KASAIは、カタログ通販大手セシール主催が渋谷オフィスにて開催された『セシールアフィリエイト意見交換会』(参加レポートはコチラ)に参加させて頂きました。

そこで出会ったのが、デザイン約200通りから選べ、自分だけのシューズを作れる、セシールネット限定オーダーメード革靴(メンズ)です。意見交換会に参加されていたのは女性ばかりということもあり、急きょKASAIがオーダーメード革靴の採寸方法のモデルに抜擢されることに!モデルとして使って頂けるだけでも光栄なのですが、さらにありがたい事に採寸した寸法でKASAI専用の紳士靴を作って頂ける事になりました!

富士通ルークスR70YN
世界に1つ、自分だけのオーダーメード革靴!

そして採寸した意見交換会から約1ヵ月半。ついに手元(この場合は足元か)にセシールのオーダーメード革靴(メンズ)がやってきました!さっそくスーツ時にはこのオーダーメード紳士靴を履かせて頂いているのですが、やっぱり世界に1つ自分だけの採寸で作られているだけあり、履き心地抜群です。

最初は「ネットでオーダーメード革靴を注文するのってどうなの?」と思っていましたが、実際に採寸から仮縫確認、そして現物到着という流れを経験してみると、むしろネットでオーダーメードする方がよっぽど安くて良いオーダーメード革靴が手に入れられる気がします。

セシールさんのお話によれば、男性が自分自身のためにオーダーメード革靴を注文されるケースに加え、旦那さんのために革靴をネットで注文される奥様や、恋人の就職祝いにオーダーメード紳士靴をプレゼントされる女性も多いとの事。そうした自己購入やプレゼント購入を検討されている方のために、ここからはKASAI視点でのセシールのオーダーメード革靴(メンズ)体験レポート&レビューをお届けさせて頂こうと思います。
 

セシールのオーダーメード革靴(メンズ)・ネット注文

セシールのオーダーメード革靴(メンズ)購入から入手までのファーストステップは、当然のことながらネット注文!右のオーダーメード紳士靴画像をクリックしてセシールの「オーダーメード紳士靴」サイトを開きます。このページから直接注文画面にはリンクが張られていないので、「なぜ、オーダーシューズなのか?」か「ご注文からお届けまでの流れ」ページを開いてから、ご自分の希望する革靴をオーダーする運びになります。

「なぜ、オーダーシューズなのか?」と「ご注文からお届けまでの流れ」のページはどちらも読んでおくべき内容ですので、ちゃんと確認されることをオススメします。いちおう、要点を簡単にまとめさせて頂くと、

・オーダーメード革靴は“自分の足にあった自分だけの靴”になるため、履き心地・フィット感が既製品とは大きく異なります。
・靴つくりは東京浅草の武田製靴株式会社が一足一足丁寧に作り上げます。
・セシールのオーダーメード革靴はカラー、デザイン、ソールが選択でき、組み合わせは約200通りになります。
・素材は、セシールが自信を持って勧める生後6ヶ月~1年以内の仔牛の革(本革キップ)が使用されています。
・オーダー可能サイズは「23.5~30.0cm」、注文から完成品到着までは「約1ヶ月」かかります。
・オーダーメード紳士靴の料金は税込29,800円(送料1,500円)となります。

上記確認されたら、いよいよオーダーです。“靴をオーダーする”リンクをクリックし、革靴のタイプ、つま先、カラー、ソール、そしてアッパーの5箇所を選択します。それぞれ2~8種類の中から選択可能となっており、全部で組み合わせは約200通りにも上ります。ちなみにKASAIは下記構成を選択させて頂きました。

■靴のタイプ: ラウンドタイプ
■カラー: ダークブラウン
■つま先: プレーントゥ
■アッパー: 外羽根式
■ソール: ビブラムソール
セシール - オーダーメイド紳士靴

どのパーツにしようかいろいろと悩んだのですが、やはり人生初のオーダーメード紳士靴。独創的なものはいつか将来購入するとして、初回はメインで使えるスタンダードタイプにしようと思い上記構成にしました。カラーをブラックではなくダークブラウン、ソールを本革ではなくビブラムソールにしたのが、KASAIなりのちょっとしたこだわりポイントです。

パーツを選んだら、セシールオーダーメード紳士靴の購入経験、現在履いている靴のサイズ、身長と体重、履き心地の好みなどを入力します。足のサイズを測定する採寸キットの返送方法がこの画面で選べるのですが、よほどの理由が無い限りデフォルトの佐川急便を選ばれることをオススメします(郵便やコンビニだと送料が余分にかかります)。

そして最後に、採寸キットの届け先と支払い方法を入力します。支払い方法には郵便振込とコンビニ振込(一括払いのみ・振込手数料無料)、代金引換(指定料金税込300円)、そしてクレジットカード(一括払いのみ・手数料無料)の4種類が用意されています。どれも商品お届け時か商品到着後の課金になるので安心です。
 

セシールのオーダーメード革靴(メンズ)・採寸

セシールのオーダーメード革靴(メンズ)をネットで注文すると、足を計測するための「採寸キット」が指定の届け先へ佐川急便にて届きます。サイト上では採寸キット到着まで7日間となっていますが、セシールさんによれば注文時間やお届け先によっては、早ければ注文から数日で届くようです。

採寸キットには、足のサイズをはかるフットプリント(1箱)と、足の甲周りを計る計測用紙(左右1枚づつ)が入っており、これを使って足の計測・採寸を行います。

この採寸がフィット感に大きく影響しますので、できるだけ正確な値になるよう心がけましょう。ここからは写真と動画をたくさん使って採寸方法をご紹介させて頂きます。

オーダーメード革靴の採寸キット
オーダーメード革靴の採寸キット

まず最初は、箱型のフットプリントを使った採寸です。中身はスポンジですので、一度型取りをしたら元に戻せないのでご注意を。フットプリントは床の上に開いた状態で置きます。右側のスポンジに左足を、左側のスポンジに右足をのせて測定します。順番はどちらからでもOKです。間違っても両足をいっきに測定しないように。

当然のことながら、足型ははだしの状態で採ります。KASAIのように左足から測定する場合は、床の上に置いたフットプリントの右サイドに立ち、右のフットプリントの真ん中に足を乗せ、踏み込みます。シュワワワという音とともに足が沈み込んで行きますので、最後までしっかりと踏み込みましょう。親指を手で押し込むのがコツ。

採寸キットの横に立ち用意
【1】採寸キットの横に立ち用意
足をスポンジの乗せ押し込む
【2】足をスポンジの乗せ押し込む
両足とも型を取って完了
【3】両足とも型を取って完了

左足の採寸が済んだら、同じ要領で右足の採寸を行います。スポンジ状の左右の足型は、それぞれ外に向いた状態になるはずです。採り終えたフットプリントは箱を閉じて、次の甲周り計測用紙とともにセシールへ返送します。下記、フットプリント測定方法を動画でご紹介させて頂きます(WADA-Blog提供。足モデルはKASAI)。

▼フットプリント測定動画(約3分)▼

フットプリントの次は、甲周りの計測です。計測足型シートが2枚入っているので、順番に甲周りを測定していきます。足型シートに足を乗せるときは、必ず親指と小指の出っ張った骨をメジャーが通るようにあわせるのが重要です。足を置いたら、まずは足先を、そして甲を順番に測定していきます。

甲周り測定シートに足を乗せる
【1】甲周り測定シートに足を乗せる
足先と付け根をメジャーで測定
【2】足先と付け根をメジャーで測定
両足とも計って完了
【3】両足とも計って完了

測定時にはメジャーを締め付けたり浮いたりせず、肌にぴったり当たる位に足に添わせて合わせます。メジャーは普通の紙よりも上部になっていますが、あまり強く引っ張りすぎると紙から切れるかもしれないのでご注意を。片方のメジャーには輪が付いているので、ずらさずに測定することが可能です。こちらも測定動画をご覧ください。

▼甲まわり測定動画(約3分)▼

フットプリントと甲周り計測ともに一人でも測定は可能ですが、できれば誰かに手伝ってもらいながら測定されることをオススメします(体の固い人はとくにw)。計測・採寸後、セシールあてに「採寸キット」を返送します。「採寸キット」を返送したら、忘れずにセシール・オーダーメード紳士靴係まで返送方法を記載したEメールを送りましょう。
 

セシールのオーダーメード革靴(メンズ)・仮縫品の試し履き

セシールのオーダーメード革靴(メンズ)を初回に注文する場合や、足のサイズが大きく変わったときなど、よりぴったりフィットする靴に調整するための仮縫商品によるフィッティング・チェックが発生します。これはセシールのオーダーメード紳士靴係より仮のヒール(かかと)が付いた状態で靴が届くので、試し履きをしてサイズを確認する作業になります。

この試し履きでは、足を入れたときの感想(大きいか小さいか、特定箇所がどこかに当たるか、など)を確認します。この時、履き心地を確認するために、セシールの靴職人と電話で連絡することが可能です。ただお仕事をされている方によっては電話の時間が取れないという方もいると思いますので、そうした方はメールでの連絡でもOKです(KASAIはメール連絡にさせてもらいました)。

仮縫品の試し履きをし、フィッティング・チェックが済んだら靴をセシールまで返送します。採寸キットの返送時と同じく、佐川急便を利用して返送すれば送料負担の無い着払いにて郵送できます。商品注文から仮縫い品の試し履きまで、だいたい3~4週間の期間がかかります。

仮縫い品で試し履き
仮縫い品で試し履き

 

セシールのオーダーメード革靴(メンズ)・完成品到着!

仮縫商品によるフィッティング・チェックが完了し商品を返送したら、後は完成品の到着を待つばかりです。商品の到着予定日や、商品を製造する各工程はメールで届くので、進行状況を日々確認することも可能です。そうして注文から約1ヶ月、世界に1つだけの自分専用のオーダーメード革靴が届きます!

それでは、KASAI専用のセシールのオーダーメード革靴(メンズ)をご覧下さい!!

 

セシールのオーダーメード革靴(メンズ)完成品
▲世界に1つ!自分だけのセシール・オーダーメード革靴(メンズ)▲
 

通常は1ヶ月で届くようなのですが、KASAIの場合は1ヵ月半ちょっとかかりました。と言うのも、ちょうど仮吊り品が届いた2008年3月中旬が公私ともに忙しい時期と重なってしまい、仮吊り品のフィッティングチェックと商品返送するのに2週間近くかかってしまったからです。待たせてしまったにも関わらず、文句も言わず丁寧に対応して頂いたセシール・オーダーシューズ担当の方に感謝です。

完成品が届いてから約2週間。スーツを着る機会ごとにセシールのオーダーメード革靴(メンズ)を履いているのですが、これ本当良いです!過去の経験上新しい靴は豆ができることも多かったのですが、このKASAI専用革靴では今のところその気配もありません。
 

普段KASAIは足先がちょっとゆったりめの靴を履いているので、仮吊りが届いた時のフィッティングチェックで「つま先の方を少しゆったりめにしてください」という希望だけ伝えさせて頂いていましたところ、その希望が完成品にはばっちりと反映されていました。こういう部分的なサイズ面での希望は通常の既製品ではなかなかピッタリくるものが無かったこともあり、個人的な希望が反映されているのが何より嬉しいです。

またソールには本革ではなく、伊ビブラム社が開発した滑りにくい合成ゴム“ビブラムソール”を選んだことで雨の日でも軽快に歩け(雨男なだけにありがたい)、また色合いもブラックではなくダークブラウンにしたことで少し若々しい感じも出せているので大変満足しています。

セシールからの商品到着の手紙
セシールからの商品到着の手紙

普通、オーダーメードの革靴は安くても5万円以上。高ければ10万円以上というのも普通な業界で、税込29,800円で購入できるセシールのオーダーメード革靴(メンズ)はお買い得感がとても高いと思います。通販大手のセシールならではの生産方法の見直しや、木型(ラスト)ストックが豊富な工場との協力体制により、時間と費用の大幅な削減が実現されたことでこの価格で提供できているとのことです。

もう1つ感心した点が、初回注文に関しては修理費用が1ヶ月以内無料という点。オーダーメード商品を初めて注文する時の不安に、「もしサイズがあわなかったら」という点があると思います。この不安が、セシールではサイズ調整のための修理を無料で引き受けてくれることで解消されています。

オーダーメード革靴は注文してみたいんだけど高かったり、時間がかかったりするからと敬遠されている男性の方。旦那さんや彼氏にオシャレな革靴をプレゼントしたいと思われている女性の方。セシールのオーダーメード革靴(メンズ)は、きっと皆さんの希望を叶えてくれると思います。
 

 セシール - オーダーメイド紳士靴
▲世界にたった1つ、自分だけのオーダーメード革靴の注文はコチラ▲

 


セシール アフィリエイト展開「セシール」

セシールのオーダーメード革靴(メンズ)を販売されているセシールさんは、カタログ販売大手の株式会社セシールが運営する、衣料品を中心とした総合ショッピングサイトです。セシール・オンラインショップでは下着、洋服、家具、雑貨など、お手ごろ価格の商品が豊富に取りそろえられています。

またセシール・カタログの商品だけでなく、今回のオーダーメード革靴(メンズ)のようにインターネット限定商品も多数用意されているのが特徴です。入会金・年会費無料の「セシール・ネット・クラブ」に会員登録すれば、セシールサイトでの支払い時の値引き以外にも提携企業のサービス・景品と交換できるセシールスマイルポイントが貯まります。

セシールさんはアフィリエイト・プログラムも積極的に活用されており、見本市や交流会などのアフィリエイト関連イベントにも頻繁に参加されています。また2008年2月には、セシール初となる自社開催アフィリエイト・イベントも実施されていました(セシールアフィリエイト意見交換会参加レポート参照)。

セシール・アフィリエイト担当の安田さんによると、セシールではこれからもよりいっそうアフィリエイト・プログラムに注力されるとのことです。アフィリエイト意見交換会も第2回、第3回と開催される予定とのことですので、ご都合つかれる方は次回イベントに参加されてみてはいかがでしょうか。

セシール商品体験会
セシール商品体験会

セシールのアフィリエイト・プログラムでは、アフィリエイト素材を定番のバーゲンから特集のスペシャルショップまで各種豊富に取り揃えられています。また動的にコンテンツが変わるリッチメディア「ダイナミックリンク」や動画(ビデオ)コンテンツ広告の「ビデオリンク」など、最新のアフィリエイト素材が提供されています。

自由に商品リンクを作成できる「商品リンクビルダー」や、テキスト文言をアフィリエイト・サイト側が考えられる「自由テキスト」など、アフィリエイト側の希望を組んだ素材が提供されているのも特徴です。セシールさんとのアフィリエイト提携はリンクシェア(LinkShare)にて可能ですので、まだ紹介されていない方はこの機会にサイトやブログで取り上げられてみてはいかがでしょうか?
 

セシール - キャンペーン

 

セシール・アフィリエイト提携リンク

 

 


セシールのオーダーメード革靴(メンズ)のリンク集 関連リンク -セシールのオーダーメード革靴(メンズ)-

セシールのオーダーメード革靴(メンズ)を体験された方のレポート記事へリンクさせて頂いています。もし下記リンク掲載がない方でリンク掲載OKの許可を頂ける方は、当記事までトラックバック、もしくはコメント頂ければ幸いです(もちろんリンク済みの方々からのTBやコメントも大歓迎です)。よろしくお願い申し上げます。
 

セシールのオーダーメード革靴(メンズ)体験レポート≫

オーダーメイド紳士靴の自宅採寸キット体験(1)足型編』 from WADA-blog

オーダーメイド紳士靴がセシール(cecile)で始まりました。』 from stop and start

カタログ通販「セシール」~上手なお買い物術&ポイント活用法③~』 from Gポイントスタッフブログ(β版)

「セシールのオーダーメイド紳士靴の説明を聞きました。」セシール』 from RouxRil

オーダーメードの紳士靴』 from 日々歳々

 

▲ページトップに戻る▲



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

こんにちは、トラックバックありがとうございます♪ わ、記事までリンクしていただいて… 恥ずかしい~。でも、ありがとうございます!

やっぱり履きごこちがいいんですね。いいな~。疲れ方が普通の靴とは全然違うんじゃないでしょうか。動画の11秒あたりのステップが軽いですもんね♪ あ、この動画は採寸前でした (^^;

それから初回注文だと1か月以内無料ってほんといいですよね♪ 職人さんの腕は確かなんだろうけど、それでも合わなかったら嫌だなぁ、3万円だしなぁという不安は確かにありますから。…お金、貯めよう(笑)

コメントを投稿

(コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


  アフィリエイト初心者向けセミナー   情報商材は詐欺、社会から「悪」の烙印を押される情報商材業界   日本アフィリエイト協議会   アフィリエイトSNS『えん』   アフィリエイトASP比較一覧   アフィリエイトSOGOマガジン

特集コーナー

アフィリエイト情報&ニュース&教育サイト、「アフィリエイトSOGO.COM」へようこそ!アフィリエイト・プログラムを導入している広告主(主に新規ECやキャンペーン実施企業)を集めた「アフィリエイトEC会社ナビ」や、アフィリエイト初心者が無料でノウハウや基礎知識を学べる「アフィリエイトSOGO部」等を展開中です。 by 編集長KASAI

PRコーナー

本気で稼ぐための「アフィリエイト」の真実とノウハウ

人気記事ランキング



クロスワーク株式会社

当サイト「アフィリエイトSOGO.COM」を運営するクロスワーク株式会社は日本初の総合専門アフィリエイト企業です。ECサイト向け、アフィリエイター向け、そして一般ユーザー向けの3つのアフィリエイト事業を展開しております。