アフィリエイトSOGO.COM > ECプランナー虎の巻 > 【VOL.26】 -リスク- 著作権&肖像権の侵害

【VOL.26】 -リスク- 著作権&肖像権の侵害

ECサイトが抱えるアフィリエイト・プログラムのリスクの1つとして、ECアフィリエイト・プランナーが常に念頭においておかねばならないのが「著作権&肖像権の侵害」です。絵画や文章を作者の断り無く勝手に使用したり、芸能人の写真を無断で掲載する行為は、著作権や肖像権の侵害にあたります。ECサイトの中にはこの著作権と肖像権をあまり気にせず、結果として後々問題になってしまっているケースも多数見受けられます。

著作権や肖像権の侵害でもっとも多いケースが、芸能人の写真を広告素材(バナーや商品リンクなど)に使用してしまう行為です。芸能プロダクションによっては、イメージキャラクターとしての契約は行っていても、タレントの2次的な宣伝利用は許可していないケースも存在します。また、メーカーと直接契約している芸能人が写っている商品写真を、販売店が勝手に使用してはならない場合も多々存在します。

もちろん、芸能人だけではありません。漫画やアニメのキャラクター、高名な画家が描いた作品、小説家の文章などなど、勝手に許可無く利用してしまうことで著作権の侵害になってしまうケースは多数存在します。また、たとえ作者やプロダクションから許可が下りていたとしても、半永久的な使用はできないのが通例です。

例えば、とある商品Aのイメージキャラクターに俳優Kさんを起用し、広告素材でも彼を露出して良い契約になっていたと仮定しましょう。この場合、管理が出来る範囲で俳優Kさんを広告素材に登場させるのは可能になるでしょうが、ECサイトが管理できない点での露出は注意が必要になります。例えば、テキスト広告に「俳優Kさんもオススメの商品!」というようなキャッチフレーズを使用する行為。これは今は良くても、契約が切れた後にECサイト側ではアフィリエイトサイトの掲載内容を変更できないため、事実とは異なる情報がネット上に残ってしまうことになります。

著作権や肖像権が存在する対象を広告素材として扱うのは、できるだけ避けた方が良い傾向にあります。もしどうしても使いたいのであれば、更新が可能なバナーや商品画像にのみ使用し、テキスト広告などの一度貼られたら変更が効かない素材には利用しないのが懸命です。また、アフィリエイト・ルールを制定し、将来的に著作権・肖像権の侵害にあたるような行為は禁止するという事をしっかりと明記しておいた方が良いでしょう。

商品パッケージにアニメキャラが写っていてNGになった。写真集をそのまま商品リンクとして使ったらプロダクションからクレームが来た。キャッチフレーズに小説の1文を使ったら出版社から問い合わせが届いた。こうした著作権&肖像権の侵害はいつでも起こりうる問題であり、このリスクに対処するためのしっかりとした姿勢を持っておくことがECアフィリエイト・プランナーには必要不可欠となります。

【VOL.25】 -リスク- ブランドイメージの低下
【VOL.27】-リスク- アフィリエイトのスパム行為
【VOL.27】-リスク- アフィリエイトのスパム行為

▲ページトップに戻る▲

執筆者: KASAI
掲載日: 2006年10月


  アフィリエイト初心者向けセミナー   情報商材は詐欺、社会から「悪」の烙印を押される情報商材業界   日本アフィリエイト協議会   アフィリエイトSNS『えん』   アフィリエイトASP比較一覧   アフィリエイトSOGOマガジン

特集コーナー

アフィリエイト情報&ニュース&教育サイト、「アフィリエイトSOGO.COM」へようこそ!アフィリエイト・プログラムを導入している広告主(主に新規ECやキャンペーン実施企業)を集めた「アフィリエイトEC会社ナビ」や、アフィリエイト初心者が無料でノウハウや基礎知識を学べる「アフィリエイトSOGO部」等を展開中です。 by 編集長KASAI

PRコーナー

本気で稼ぐための「アフィリエイト」の真実とノウハウ

人気記事ランキング



クロスワーク株式会社

当サイト「アフィリエイトSOGO.COM」を運営するクロスワーク株式会社は日本初の総合専門アフィリエイト企業です。ECサイト向け、アフィリエイター向け、そして一般ユーザー向けの3つのアフィリエイト事業を展開しております。