アフィリエイトSOGO.COM > ECプランナー虎の巻 > 【VOL.19】 -注意- 自由リンク素材の提供

【VOL.19】 -注意- 自由リンク素材の提供

ECアフィリエイトプランナーとして注意しなければならないケースの1つ、それが今回お話させて頂く「自由リンク素材の提供」です。自由リンク素材とは何かと言うと、テキストリンクや商品リンクを、アフィリエイト・サイト側が自由に変更・作成して使える権利を与えると言うことです。“自由テキストリンク”や“リンクビルダー”といった専用用語の方が分かりやすいかもしれません。

なぜこうした「自由リンク素材の提供」にECサイト側は注意しなければならないのでしょうか。その答えは1つ、“自由”の意味を履き違えてしまうアフィリエイターが多数いるからです。「テキストを自由に改変して使って下さい」、「好きな商品ページに自由にリンクして下さい。」。これだけ聞くとアフィリエイターの事を思いやる素晴らしいECサイトに聞こえます。しかし、実際にこうした自由リンク素材を提供しているECサイトは、自由リンク素材がもたらす危険性についても認識しているのでしょうか?

自由テキストリンクを提供するということは、過剰な煽り文句や真実からかけ離れた宣伝文をアフィリエイト・サイト側が勝手に作れるということです。自由な商品リンク作成権を提供すると言う事は、一般には公開されていないセールページや会員ページへのリンク掲載や、著作権侵害の恐れのある画像ページへの直接リンクをアフィリエイト・サイト側で作れると言う事です。

つまり自由リンク素材を提供するということは、アフィリエイト・サイトが自由に広告素材やリンクページを決められ優れたコンテンツ作成に繋がるというメリットがあると同時に、事実無根の情報掲載やリンク先に不適格なページがアフィリエイト・サイト側で勝手に作れてしまうと言うデメリットにもなりえるのです。自由リンク素材の提供は、裏を返せば「アフィリエイト・サイトのコントロール権の放棄」になってしまうのです。

事実、何の考えも成しに自由リンク素材を提供してしまったがために、アフィリエイトサイトが引き起こす問題に頭を悩ませているECサイトは多数存在します。アフィリエイト・サイト側にとっては悪気は無くても、自由リンク素材が使用されているがためにトラブルに繋がるケースというのも確かに存在します。

“自由”には常に“責任”が必要とされていますが、まだまだ“お小遣い稼ぎ”のイメージが強いアフィリエイト・プログラムでは、残念ながらその“責任”を果たそうとするアフィリエイト・サイトと提携するのは大変難しくなっています。責任を取らないのに自由ばかり主張し続けるアフィリエイト・サイトが国内アフィリエイト業界には多数存在します。彼らにどの程度の自由を与え、そして同時に責任感を持ってもらうか。アメとムチではありませんが、そうしたバランスの部分をいかにECアフィリエイト・プランナーが理解できているかによって、ECサイトのアフィリエイト成功が大きく左右されるでしょう。

 

【VOL.18】 -注意- 商標ワードでのSEM実施サイト
【VOL.20】 -注意- スタート時のコミッション
【VOL.20】-注意- スタート時のコミッション

▲ページトップに戻る▲

執筆者: KASAI
掲載日: 2006年10月


アフィリエイト初心者向けセミナー 情報商材は詐欺、社会から「悪」の烙印を押される情報商材業界 日本アフィリエイト協議会 アフィリエイトSNS『えん』 情報商材は詐欺、社会から「悪」の烙印を押される情報商材業界 アフィリエイトASP比較一覧 アフィリエイトSOGOマガジン

特集コーナー

アフィリエイト情報&ニュース&教育サイト、「アフィリエイトSOGO.COM」へようこそ!アフィリエイト・プログラムを導入している広告主(主に新規ECやキャンペーン実施企業)を集めた「アフィリエイトEC会社ナビ」や、アフィリエイト初心者が無料でノウハウや基礎知識を学べる「アフィリエイトSOGO部」等を展開中です。 by 編集長KASAI

PRコーナー

本気で稼ぐための「アフィリエイト」の真実とノウハウ

人気記事ランキング



クロスワーク株式会社

当サイト「アフィリエイトSOGO.COM」を運営するクロスワーク株式会社は日本初の総合専門アフィリエイト企業です。ECサイト向け、アフィリエイター向け、そして一般ユーザー向けの3つのアフィリエイト事業を展開しております。